ノロウイルスの症状とは|長引く前に病院へ

女の人

流行を防ぐために

サージカルマスク

人から人食べ物から人へ

冬になると流行する病気はいくつかあります。インフルエンザと共に恐れられているのが、ノロウイルスです。こちらは、嘔吐や下痢の症状を引き起こす病で、人から人、または汚染された食べ物から人へと感染していきます。嘔吐や下痢が続くことで栄養や水分を摂取することが難しくなると、体力がない人は危機的な状況を迎えてしまうこともあります。大切なのは、ノロウイルスを流行させないことで感染リスクを抑えること。また万が一感染してしまったときには、周囲に広げないことが重要なポイントといえるでしょう。ここで頭に入れておきたいのが、ノロウイルスの感染経路についてです。人から人へと感染する場合、通常の飛沫感染の他、吐瀉物や排泄物からの感染に注意する必要があります。きれいに掃除したつもりでも、周辺にはウイルスが浮遊していることも多いものです。塩素系漂白剤を薄めて、専用のウイルス除去スプレーを作り、使用すると安心です。食べ物から人へと感染する場合、リスクが高いのは二枚貝です。加熱が不十分な状態で食べると、感染リスクが高まるので注意してください。また食べ物からウイルスが感染する場合、多くのケースで原因食物は特定されていない現状もあります。貝だけではなく、あらゆる食べ物に注意した方が良いでしょう。下痢や嘔吐など気になる症状があらわれ、感染経路に「もしかしたら」と感じる点があれば、早めに対処するのがオススメです。症状を放っておくと、周囲にウイルスを広めてしまいます。特にノロウイルスの流行期には、自身の症状に敏感でいてください。